卵子提供を受ける人の条件

卵子提供を受ける側の人にはいくつかの条件を満たしておく必要があります。加齢が原因で妊娠をすることができない場合は卵子提供を受けることができません。それでは、どのような条件を満たしていれば受けることができるのでしょうか?これから説明していきたいと思います。

卵子を提供する人の条件・その他の内容

卵子提供者に課される条件

卵子提供者は、成人していることが条件です。さらに、満35歳未満という年齢制限もあります。卵子は年齢とともに老化すると言われています。特に35歳以上の妊娠は高齢妊娠と言われている為、卵子の提供も35…

Learn more

生まれてきた子供の出自

卵子提供を受けて妊娠することに、将来生まれてくる子供の同意を得ることは不可能です。ですが、妊娠して胎児となり実際にこの世界に生まれてきた子供には、自分の出自を知る権利があります。子供自身に卵子提供…

Learn more

卵子提供にかかる費用

日本で卵子提供を受ける時にどれくらいかかるか

病気には自分の生命に影響のあるものもあれば、生命への影響は少ないが一般の人に比べて不具合が生じるものがあります。女性は一定年齢になると妊娠や出産ができるようになりますが、人によっては妊娠が難しい時があります。妊娠ができなくても生活はできますが、妊娠して出産をしたい人はいます。その時は卵子提供治療を受けて妊娠や出産ができるかもしれません。よく比較される代理出産は日本では行われていませんが、卵子提供は条件が合えば日本で受けられます。まず検査に10万円ぐらいかかり、カウンセリングにも10万円ぐらいかかります。その他倫理委員会の承認を受けるための費用が50万円から70万円ぐらいかかるとされています。体外受精などの費用も含めると数百万円かかると考えておくと良いでしょう。

日本以外でも卵子提供治療が受けられる

色々な事情で妊娠や出産ができないときがあります。卵子はあるが妊娠ができないとき、海外なら代理出産が選択できます。一方妊娠や出産はできるが卵子に問題があるなら、卵子提供プログラムの利用が可能です。卵子提供は日本でも受けられますが、条件が合わなければ受けられません。その時は海外で受ける方法も検討してみましょう。日本人が利用する国としてはアメリカ、タイ、台湾が多く、アメリカとタイは民営で台湾は国営で運営されています。体外受精を含まない卵子提供のみの治療に関して、台湾なら200万円ぐらい、タイで300万円ぐらい、アメリカだと500万円ぐらいかかります。タイやアメリカは民営なので、施設で多少金額が異なり施設の選択が重要になるでしょう。